exhibition


2013年9月21/22/23日THE TOKYO ART BOOK FAIR 出店


THE TOKYO ART BOOK FAIR に出店しました。

 

2013年9月21,22,23日

 

学生時の友人の呼びかけに乗っかりました。

 

卒業してからそれぞれの道でクリエイティブで生きているみなさま。

周りのその道のプロのみなさま。

それぞれに、作るの好きやねん、やめられないねん、熱が満載でした。

 

幸せな展示会。

 

声をかけてくれてありがとうございました。

 

良い刺激になりました〜

 

目の前で、売れるって、手に取ってもらうって、緊張感走り過ぎて心臓に悪い。

 

もう嫌。笑

2013年10月13日ハロウィンパーティ開催


ハロウィンパーティに乗っかって、イラストの展示もやりました。

向かって左側のユニコーンさんが私のイラストです。

 

10月13日開催

 

友人と2人で当日までのことをあれやこれやと話し合って、

どうしたら楽しんでもらえるのだろう?どうしたらお店の人も楽しいかな?

 

来る人にとってのメリットは?

お店の人にとってのメリットは?

 

と最終的には自分の中だけの目標でしかありませんが、、

考える訓練になりました。

 

実際に何が正解か、というよりも、

自分自身をコントロールしながら、きちんと有言実行していくことが目標だったので、

参加者や協力者のみなさんには、ただ、「あー!なんだか楽しかった!」が残っていれば幸いな会でした。いろんな反省点が見えたり、実際言われたり。へこみましたし、こうやって、11月にやっと言葉にできたくらい、、抜け殻になりました。

 

一緒にイラストを描いてくれた友人にもとても感謝しています。

 

仕事とプライベートに壁は無いと言え、もっと、言葉と行動がリンクして、

自分の生活を納得いくものにしたいな。

 

出会いも、継続も、大切にしていきたい。

 

ありがとうございました。

 

 

2013年4月27日より金魚カフェで2人展


大学時の友人と2人展を行いました。

金魚カフェさんの壁をお借りして、ほぼ即興感覚で壁面にレイアウトしていく過程が予想以上に面白かったです。

 

オープニングパーティでは友人のサプライズパーティも企画し、秘密でバンド作って作曲お願いしたり、ふりつけお願いしたり、ケーキ準備したり、なんだか、ぶっちゃけ、作品作りとしっちゃかめっちゃかになりました。

 

あー面白かった。

 

結局、私はイラストは単なる行動の延長であって、その先に人を感じているから続けられるんだと分かった。いろんな手段方法がある中で、私は絵しか描けないから、そこをきっかけに人とつながっているだけなんだな。今分かったことじゃないけどさ。

 

いろんな固くて重いものがぽろぽろ取れて、イラストはどんどん身軽になっていってます。このまま、ず〜〜っと描き続けていこう。やっぱ面白いもんねー。ハッピーバースデー4月生まれの私たち。

2012年3月PLACE:DIANA


仕事を始めて、初の個展をやりました。

といっても、カフェの壁でちょこっとだけど。

 

ここは大好きなダイアナさんの2Fにあるカフェです。社長がアート大好きらしくって、経験値の少ない私にも、寛大にスペースを使わせてくれました。楽しかったなあ。自分が辛いと感じるのは、自分と時間との間に溝が出来る瞬間。

 

そうでなければなあ。

 

想像力も行動力ものびのびとどこまでも繋がっていって、きちんと人にぶつかって返って来てくれる。「また、展示してくださいね」って、言葉になって返ってくる。

2009 個展


銀座にあるギャラリーのスペースをお借りして展示をさせて頂きました。

初めて学校という場を離れて作品と向き合った時間は私の心の変化にも大きく影響しました。

@T+つくばギャラリー


学生時に行った絵本の展示です。自分が考えた侍ドッグを立体にしてみたり、絵本と絵本でないもの、平面と立体の間を形にしようと試みました。